Beppu_Rika_L15298.jpg

Rika Beppu (別府理佳子)

Rika Beppu is a partner and head of the corporate transactional practice at Hogan Lovells in Tokyo, where she leads a team of US, English and Japanese law-qualified lawyers. Rika has over 20 years' experience advising on corporate M&A, joint ventures and commercial projects in London, Hong Kong and Tokyo. Rika qualified as a solicitor of England and Wales in 1994 and as a Hong Kong solicitor in 1997.

Rika is a prominent advocate for gender equality and diversity. Rika launched Breaking Barriers Tokyo in 2015, a Hogan Lovells networking and training program designed specifically for professional women across all industries.  She is a nominated board member of the Lawyers for LGBT and Allies Network (LLAN), an organization to promote the understanding of LGBT and other sexual minorities and to eliminate discrimination based on sexual orientation or gender identity.  She is a founding member and current president of Women in Law Japan.  

別府理佳子はホーガン・ロヴェルズ法律事務所のパートナーであり、米国、英国及び日本法のロイヤー・チームからなる東京オフィスのコーポレート・トランザクション・グループを率いております。 ロンドン、香港及び東京において20年以上の実務経験を有し、コーポレートM&A,合弁及び各種のコマーシャル・プロジェクトに従事しております。 1994年にイングランド及びウェールズ法の事務弁護士資格を取得し、1997年に香港法事務弁護士の資格を取得しました。

別府はジェンダーの平等及びダイバーシティーに関し卓越した提唱者で、2015年にホーガン・ロヴェルズの多業種の女性プロフェッショナルのネットワーキング及びトレーニング・プログラム(ブレーキング・バリアーズ東京)を立ち上げました。 LGBT及び他のセクシュアル・マイノリティーへの理解及び差別の排除の活動を行うLGBT及び支援者のための弁護士ネットワーク(LLAN)の理事をしております。Women in Law Japanの創業メンバーで初代会長を務めております。