Back to All Events

Exploring and Managing Stress in the Legal Profession

  • Clifford Chance Tokyo 3F Palace Building, 1-1-1 Marunouchi, Chiyoda-ku Tokyo Japan (map)

Women in Law Japan is excited to announce our fifth event of the year on Wednesday, 6th September 2017.

A participation fee of JPY 3,000 to be collected at the door. If you require a physical receipt for this fee, please indicate this in your RSVP email.

会費は当日現金にて¥ 3,000を頂戴します。紙ベースでの領収書が必要な方は参加表明のメールにその旨ご記載頂きますよう、お願い致します。

We have partnered with TELL Japan Wellness to present this event on exploring and managing stress in the legal profession.  Tom Wada will lead us in a Yoga / Meditation exercise which will be a real treat.

本年第5回目となるWomen in Law Japanのイベントを201796日(水)に開催いたします。TELL Japanと共に法律業界におけるストレスについて一緒に考え、どのように対応するかを考えたいと思います。和田トムさんがリードするヨガ・メディテーション・セッションも行いますので楽しみにして下さい!

This event is open to all genders, provided that they RSVP without fail by following the instructions below. We are expecting a full-house, so please register early to avoid any disappointment. The venue capacity is 60.

本イベントは女性に限らず、すべての性別の皆様にご参加いただけます。先着順にて登録をさせていただきます。本イベントの定員は 60名となります。

Thank you very much to Clifford Chance for hosting this event and making it possible through their generous donation towards the cost of this event.

クリフォード・チャンス法律事務所外国法共同事業の多大なるご厚意により、本イベントのコストへのサポート及び場所の提供を頂いております。有難うございます!

Harnessing this thing called stress - poison or spice?

We all have stress in our lives, from an argument with a partner, to being late to pick up the kids from school, a deadline at work that is just impossible to meet, challenging personalities in the office, or late night conference calls. This is life in the 21st century. While we know that stress is a growing concern around the world and costs billions of dollars in health care and lost productivity at work, is all stress bad and why is the prevalence greater in the legal profession? This presentation will explore this thing called stress, help you identify the sources of stress in your life, explore ways of managing stress both in the workplace and in your personal lives, look at gender differences in coping, and help you put more spice and less distress in your lives.

Everyone will get a TELL stress ball to take away with them along with a TELL Stressless booklet.

毒?それともスパイス? - ストレスをどのようにお考えでしょうか。

私たちは、日常生活におけるあらゆる環境において、パートナーと議論を交わしたり、子供たちの学校の送迎に遅れたり、職場での無理な提出期限に追われたり、オフィスで難しい人と仕事をしたり、または深夜の電話会議があったりと、様々なストレスがあります。これが21世紀の人類のライフスタイルです。ストレスによって生じる健康問題、職場における作業効率・生産性の低下などにかかる膨大な費用においては、世界中で懸念が高まっている事が知られている一方、さて、ストレスは、本当にすべてが悪いものなのでしょうか。なぜ、法律業界においてストレスの蔓延が見られているのでしょうか。今回のプレゼンテーションは、ストレスと呼ばれるものについて探求し、日常生活におけるストレスを特定し、性別の違いや対処法など、職場とプライベートの両方においてストレスとどのように向き合い、日常生活のスパイスとなり、苦痛の少ない日々を送れる対処方法を一緒に考えていくものです。

ご参加頂ける皆様には、TELLオリジナルのストレス・ボールとストレスレス読本を進呈致します。

Speakers / 講演者のご紹介

Vickie Skorji

vicky.jpg

Bachelor of Behavioral Sciences, La Trobe University
Master in Counseling , Monash University

Vickie Skorji has specialist training in neuropsychology and Acquired Brain Injury in both hospital and rehabilitation settings. Prior to moving to Tokyo she managed an Acquired Brain Injury Support Service in Australia, supporting families and individuals with a variety of neurological conditions such as dementia, Parkinson’s disease, Multiple Sclerosis, Stroke and migraine. She has developed and run carer education training courses, carer weekend retreats and published a resource book for carers of people with neurological conditions or Acquired Brain Injury. She has developed and given both workplace and community presentations on carer needs, stress management and stroke prevention. More recently her interests and presentations have included cultural adjustment, adolescent issues in Japan, work life balance and suicide prevention.

ヴィッキー・スコージは脳心理学と後天的脳損傷の専門トレーニングを受けており、病院やリハビリの現場の両方を経験しています。ヴィッキーは東京に来る以前はオーストラリアにおいて後天的脳損傷患者のサービスに携わり、様々な神経系の病態である認知症、多発性硬化症、脳卒中、偏頭痛の方々とその家族をサポートして参りました。介護に携わる人々の教育プログラムと週末合宿を構築・運営したり、神経疾患や後天的脳損傷の方の介護をする人の為のリソース本も出版しています。介護をする人々のニーズ、ストレス・マネージメントや脳卒中の予防について職場や地域でのプレゼンを行なって参りました。最近の関心は異文化への対応力、日本における子供の問題、ワーク・ライフ・バランスや自殺防止にあります。

Michael Nevans

 

TELL's Director of Clinical Services

B.A. at the University of California, San Diego

M.A. at University of San Diego

Michael Nevans served as Clinical Director of Residential and Detox Services at a substance abuse treatment center in California, where he supervised 30 employees and led teams across six departments before joining TELL. As a clinician, Nevans utilizes a client-centered therapy approach, employing tools from EMDR, Cognitive Behavioral Therapy, Bowenian Family Therapy, and Solution Focused Therapy. He has experience with short-term and long-term case management, including coordination with outside health providers and community agencies.

マイケル・ネヴァンスは、カリフォルニア州の薬物乱用治療センターで解毒・デトックス・サービス施設の臨床ディレクターを務め、TELL入社以前には6つの部門に渡ってそれぞれのチームの従業員30人を監督・指導しました。 マイケルは、臨床医として、EMDRのツール、認知行動療法、ボーエン家族療法、および解決思考短期療法等の療法を駆使し、患者中心の治療アプローチを行っています。 彼は、医療機関や地域機関との調整を含む、短期および長期の症例マネージメントの経験があります。

Tom WADA

MN.png

Personal Yoga / Meditation Trainer

Tom was born in Japan and raised in Chicago.  He works with individuals and organizations on ways to reduce stress and realize mindfulness using yoga and breathing techniques to enhance productivity.  His methodology integrates Ashtanga, Bikram and Hatha yoga as well as Vipassana meditation and he received the RYT200 certification in Dharamshala India, and has studied under John Scott and Ken Harakuma.

Yoga not only brings flexibility to your body, it can help calm the mind and raise creativity in your life and work. Many studies have proven that yoga and meditation are great compliments to a busy daily lifestyle.

Tom believes that one source of stress in modern life is the division between body and spirit. His unique English/Japanese instruction seeks to heal this division by helping clients join Yang (energetic) and Yin (calming) giving life and body more power, direction and energy.

Tom's unique technique introduces meditation by incorporating partner work and a before/after test which allows students to actually see and feel relaxation - the gateway to meditation. Students can easily learn this tangible technique and apply them to their daily life.

For more info please check out: tomyoga.namaste.jp

和田トムは日本で生まれ、シカゴで育ちました。彼は現代の人々のストレスを軽減し、生産性を高められるよう、ヨガや呼吸法を用いてマインドフルネスを実現する方法について、個人や各種企業、団体へ提案やサポートを行っています。トムのメソッドは、Ashtanga・アシュタンガ, Bikram・ビクラム, Hatha・ハタ ヨガとVipassana・ヴィパッサナー式の瞑想が統合されたもので、アシュタンガ・ヨガで有名な、ジョン・スコットと日本のヨガ第一人者として名高いKen Harakuma・ケン ハラクマのもとで学び、インドのDharamshala・ダラムサラにてRYT200の認定を取得しています。

ヨガは、あなたの体に柔軟性をもたらすのみならず、心を落ち着かせ、生活と仕事において創造性を高める点においても良い効果をもたらします。多くの研究では、ヨガと瞑想が忙しい毎日の生活に多大なよい影響を与えていることも証明されています。

トムは、現代生活におけるストレスの原因のひとつは、心・精神と体の分裂であると考えています。彼ならではの英語と日本語による指導では、Yang・陽(energetic・エネルギー) and Yin・陰 (calming静寂)のバランスを整えることにより、生活と体へ活力を与え、エネルギーへと導いてくれます。

トムの独特な指導方法は、パートナーと寄り添い、瞑想を行い、生徒の方々の中には、瞑想への玄関口とも言えるセッションの前と後でのリラックスの度合いが違っていることを実感できている方が多くいらっしゃいます。生徒の方々は具体的な技術を容易に学ぶことができ、日常生活に応用することが可能なのも特徴です。

詳しい情報は、 tomyoga.namaste.jpをご覧ください。

 

About TELL Japan

TELL is a not-for-profit organization dedicated to providing world-class, effective support and counseling services to Japan’s international community as well as helping to address the country’s growing mental health care needs.

TELL aims to be a leader in services and education, practicing state-of the art standards of care in the field of mental health.

TELL fulfills its mission by:

  • Create a vibrant, sustainable organization
  • Foster growth and development of all staff and stakeholders
  • Embrace diversity with compassion and respect
  • Communicate with outside organizations to bring value and talent into TELL

TELLについて

東京英語いのちの電話(TELL)は、国際化に伴って発生するこころの問題に対し、ハイレベルのカウンセリング・サポートの提供を目指すとともに、日本において高まっているメンタルヘルスケアへの必要性に応えていくことを目的として設立された非営利団体です。

目標

メンタルヘルス(精神衛生)分野の先駆けとなり、最高のサービスを提供することを目指します。

  • 持続可能で活気のある組織
  • 団体の活動に関わるすべての人の成長と向上を促進する
  • 慈しみと尊敬の心で多様性を受け入れる

他団体との情報交換を通じて、組織に価値と才能を取り入れる