April 12 - Equality for All event (WILJ and the LGBT Lawyers and Allies Network)

Lawyers for LGBT and Allies Network (LLAN) and Women in Law Japan would like to welcome you to a co-hosted “Women’s and LGBTI Rights Movements: Equality for All” event on Wednesday, 12 April 2017.

LLAN and Women in Law Japan have a shared vision of promoting equality, diversity and inclusion for women and LGBTI individuals. With this shared vision, we are co-hosting an event, consisting of three parts:

§  a screening of the award-winning and inspiring documentary film “Freedom to Marry” (for more details, please visit the website),

§  a panel discussion on “Parallels between women’s and LGBTI rights movements: lessons learned and shared” focusing on Canada, USA, Taiwan, Australia and Japan, and

§  a networking reception.

We are very excited to be joined by the following panellists for what we hope will be a thought-provoking discussion and Q&A session:

 Evan Wolfson, from the United States of America (USA), the President of “Freedom to Marry”. Evan has devoted his life to achieving marriage equality for lesbian and gay Americans, and is, therefore, also one of the main stars of the featured documentary. With the USA having achieved marriage equality, Evan and his organization have turned their attention to promoting equality internationally. He will share with the audience not only his experience in the USA, but also offer his views on the most recent updates and trends from Taiwan and other jurisdictions striving towards equal marriage. 

 Helen Kennedy, President of Egale Canada, a preeminent LGBTI organization in Canada. Helen is also on the board of the International LGBTI Association (ILGA), which has over 1,200 member organizations in over 125 countries. Helen will speak to her experience, both in Canada and internationally, and share her personal perspective on the advancement of LGBTI rights worldwide.

 Clare Walsh, Minister and Deputy Head of Mission at the Australian Embassy, will discuss the current debate in Australia concerning equal marriage and will share the Australian Department of Foreign Affairs and Trade’s efforts to deliver on its commitments to achieve gender equality and support LGBTI staff in its workforce.

Rika Beppu, a partner in the Tokyo office of Hogan Lovells and the chairperson of Women in Law Japan, and Alexander Dmitrenko, a senior associate in the Tokyo office of Freshfields Bruckhaus Deringer and a representative from LLAN, will moderate the panel.

 This event is open to everyone. Please RSVP by following the instructions below. We are expecting a full-house, so please register early to avoid any disappointment. The venue capacity is 200. There is no parking available at the venue. Please bring a photo ID for security purposes.

A simultaneous interpretation will be provided during the panel discussion and Q&A. Also, Japanese subtitles will be available for the film.

Thank you, and we look forward to seeing you soon.

 LLAN Executive Committee

Women in Law Japan Executive Committee

 

Lawyers for LGBT and Allies Network (LLAN)Women in Law Japanの共催イベント「女性の権利とLGBTIの権利に関する取組み:誰もが平等な社会へ」2017412日(水)に開催いたします。

 LLANWomen in Law Japanは、LGBTI(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーおよびインターセックス)の当事者および女性の平等(equality・多様性(diversity)・一体性(inclusion)を実現するべく活動しております。共通の目標を掲げていることから、この度、本イベントを共催することとなりました。

 本イベントは、以下の三部構成を予定しております。

§  各種映画賞を受賞したドキュメンタリー映画「Freedom to Marry」の上映オフィシャルサイト

§  パネルディスカッション「女性の権利とLGBTIの権利に関する取組み:教訓と共有」(カナダ、米国、台湾、オーストラリアおよび日本の観点からディスカッションを行います。)

§  ネットワーキング交流会

 また、パネリストして、平等な社会の実現へ向けて第一線でご活躍されている以下の方々をお招きしております。

 エヴァン・ウルフソン:米国に拠点を置く団体「Freedom to Marry」の会長。ウルフソン氏は、米国において婚姻の平等を実現するために献身的に取り組んでこられました。この度上映することになった映画「Freedom to Marry」にもご出演されています。米国内で婚姻の自由という目標を達成したことにより、現在は米国以外の国にも視野を広げ、婚姻の平等に関する活動を行っています。米国での経験だけではなく、台湾や婚姻の平等の実現に向かって奮闘しているその他の国の進展についてもお話いただきます。

 ヘレン・ケネディ:LGBTIの権利を推進するカナダ唯一の全国組織、エガル・カナダ(Egale Canada)の理事長。ケネディ氏は、125ヶ国において1200の団体メンバーを抱える国際レズビアン・ゲイ協会(International LGBTI Association)の役員でもあります。カナダおよび世界での活動経験と、世界におけるLGBTIの権利の向上についてお話いただきます。

 クレア・ウォルシュ:オーストラリア大使館の公使(次席)。オーストラリアにおける婚姻の平等に関する議論と、ジェンダーの平等の実現およびLGBTI労働者への支援に関するオーストラリア外務省のコミットメントについてお話いただきます。

ホーガン・ロヴェルズ法律事務所の東京オフィスのパートナーであり、Women in Law Japanの会長である別府理佳子、およびLLANを代表してフレッシュフィールズ法律事務所東京オフィスのシニア・アソシエイトであるアレクサンダー・ドミトレンコがパネルディスカッションの司会を務めます。

本イベントはどなたさまもご参加頂けます。当日は満員御礼となる可能性がありますので、お早めにご登録をお願いいたします(お申込み方法については右欄をご参照下さい)。本イベントの定員は200名となります。駐車場はございませんので、ご了承下さい。また、会場に入る際にセキュリティチェックがありますので、写真付きの身分証明書をお持ち下さい

パネルディスカッションおよびQ&Aセッションでは、日・英の同時通訳をご用意しております。また、映画は日本語字幕付きで上映いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

LLAN運営委員会一同・Women in Law Japan 運営委員会一同

Date & Time / 日時

Wednesday, 12 April 2017
20174 12日(水)17:30

Venue / 会場

Embassy of Canada
7-3-38 Akasaka, Minato-ku 

在日カナダ大使館
東京都港区赤坂 7-3-38

Fees / 料金
5,000 yen per ticket.

Please purchase your tickets at http://equality4all.peatix.com

お申し込みは下記のウェブサイトからお願いいたします。

http://equality4all.peatix.com

This is to cover the cost of simultaneous interpretation services and other fees, and not for commercial or fundraising purposes.