Next Event: Wednesday, 2 November 2016

Women in Law Japan is excited to co-host our fifth event of the year on Wednesday, 2 November 2016.

第5回目、且つ本年最後の回となるWomen in Law Japanの共催イベントを2016年11月2日(水)に開催いたします。

We have partnered with the Diversity Study Group and the General Counsel ("GC") / Chief Legal Officer ("CLO") Study Group of the Japan In-house Lawyers' Association ("JILA") to present this event.

We are delighted to present a rare opportunity to hear from GCs / CLOs of Japan's renowned corporations.  We are sure that the three panelists will be imparting some crucial tips that will assist us in our daily lives.

This event is open to all genders, provided that they RSVP without fail be following the instructions below.  We are expecting a full-house, so please register early to avoid any disappointment.  The venue capacity is 100.

We will be conducting the panel in English, but look forward to accepting questions from the floor in both English and in Japanese.  We will be offering a simultaneous translation service to those who let us know their need in advance when registering for this event.

この度、日本を代表する企業のジェネラル・カウンセル/チーフ・リーガル・オフィサーの方々からそれぞれのビジネスにおけるご自身の役割とマネージメントへの関わり方につき率直なお話を聞くことが出来るまたとない機会を日本組織内弁護士協会("JILA")のダイバーシティー研究会及びGC/CLO研究会の協力を得て共催する運びとなりました。3名のパネリストの方々からは、私どもが日々直面する問題や疑問点につき指南をいただける話となると思っております。

本イベントは女性に限らず、すべての性別の皆様にご参加いただけます。当日は満員御礼となること間違いなしですので、早めにご登録をいただけましたら幸いです。先着順にて登録をさせていただきます。本イベントの定員は100名となります。

パネル・ディスカッションは英語で行いますが、質疑応答は英・和の両言語で受け付けます。 当イベントでは英・和の同時通訳を用意いたしますので、必要な方は、お申込みの際にご希望の旨をお知らせいただきますようお願い致します。

Our Panelists / パネリストのご紹介 

三村まりこ(Mariko Mimura)

Vice President, General Counsel, Ethics and Compliance Officer and Head of External Affairs, Attorney at Law/Patent Attorney (Japan).  

Mariko was appointed as a director of GlaxoSmithKline K.K. in July 2015 and is in charge of the legal, compliance and public affairs functions.  After registering as a Japanese attorney in 1992, she joined Nishimura & Partners (currently Nishimura & Asahi) after working at other law firms, and was appointed as a partner in 2003.  Whilst at Nishimura, Mariko worked in the US office of Gibson, Dunn & Crutcher and was also Vice President and General Counsel of an US medical device company.  From 2005 to 2009, Mariko was Executive Officer/Legal Executive Manager of GE Healthcare Japan K.K. (manufucturing and sales of medical devices) in charge of legal, intellectual property and compliance matters and also Asia Pacific General Counsel in charge of legal and compliance throughout the APAC region.  From 2010 to June 2015, Mariko was Director and Legal and Intellectual Property Executive Manager of Novartis Holdings Japan K.K. (whilst holding positions at Novartis Pharma KK and other group companies in charge of legal and intellectual property).

グラクソ・スミスクライン株式会社 取締役 法務・
コンプライアンス・渉外担当 弁護士・弁理士

2015年7月グラクソ・スミスクライン株式会社の取締役に就任し、法務・コンプライアンス・渉外に関する業務を統括しております。1992年に弁護士登録してからは、国内外の法律事務所を経て、1995年に西村総合法律事務所(現西村あさひ法律事務所)に入所し、2003年に同事務所パートナーに就任しました。同事務所在職中、米国のGibson, Dunn & Crutcher法律事務所に勤務、また、米国医療機器関連企業において、Vice President & General Counselとして勤務した経験を持ちます。2005年から2009年までは、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(医療機器製造販売)において執行役員・法務本部長として、法務、知的財産及びコンプライアンス全般について責任を負うと共に、アジア・パシフィックのゼネラルカウンセルとして、APAC地域の法務、コンプライアンスの責任者を兼務いたしました。2010年から2015年6月までは、ノバルティスホールディングジャパン株式会社の取締役・法務知的財産統括部長及びノバルティス ファーマ株式会社の執行役員・法務知的財産統括部長を兼務するとともに、ノバルティスグループの他の会社の法務及び知的財産に関する業務を統括しておりました。

ラリー・ W ・ベイツ (Laurence "Larry" W Bates)
Senior Managing Director, Executive Officer and Chief Legal Officer, LIXIL Group Corporation

Larry was appointed in his current role from April 2014, prior to which he had a 22-year career at GE, most of that being in Japan.  Larry served as President of the American Chamber of Commerce in Japan during 2013, prior to which he held various positions within the Chamber since 1999.  He started his legal career with Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison in New York and Beijing and was also in private practice at Morrison & Foerster in Tokyo.  

株式会社LIXILグループ 取締役 専務執行役員、チーフ・リーガル・オフィサー

ラリーは2014年4月より現職に就く以前は22年間、GEにおいてキャリアを積んで参り、そのほとんどが日本における任務でした。2013年中は在日米国商工会議所の会頭を務め、1999年より商工会議所内での様々な役職に就いておりました。 リーガル・キャリアはポール・ワイス・リフキンド・ワォートン・アンド・ギャリソン法律事務所のニューヨーク及び北京事務所でスタートし、東京のモリソン・アンド・フォースター事務所にても勤務しておりました。


マーク・シュルツ(Mark Schultz)
Corporate Executive Officer and General Counsel, Recruit Holdings Co., Ltd.  

Mark assumed his role at Recruit Holdings Co., Ltd in July 2016 and moved to Tokyo from the US.   His prior general counsel roles have been at Raytheon Missile Systems, SRA International, Inc., MWH Global Inc. and Science Applications International Corporation.  Mark has previously been a partner at the law firms of Perkins Coie and Sidley Austin.  Mark's legal practice has included international finance, aviation and aerospace, information technology and M&A.  He represented Universal Studios in development of Universal Studios Japan in Osaka and worked at a Japanese law firm and a Japanese bank.   

株式会社リクルート・ホールディングス 執行役員

マークは2016年7月より現職に任命され、同時に米国より来日しました。以前のGCとしての職務では、レイセオン・ミサイル・システム、SRAインターナショナル、MWHグローバル・インクとサイエンス・アプリケーション・インターナショナル・コーポレーションでの経験を有しています。 法律事務所のパートナーとして、パーキンズ・クイ法律事務所とシドリー・オースティン法律事務所に参加しておりました。 マークの着目する法律分野としては国際金融取引、航空およびエアロスペース業界、IT及びM&Aがあり、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの開設の際にユニバーサル・スタジオ社を代理し、日本の法律事務所及び日本の銀行での勤務経験もあります。

Moderator / モデレーター

別府理佳子(Rika Beppu)
Hogan Lovells, Partner (Corporate M&A), Solicitor of the High Court of England and Wales, Registered Foreign Attorney (Dai-ni Tokyo Bar Association), President of Women in Law Japan

Rika is a corporate M&A lawyer of over 20 years' standing who started her career in London, and has focused on cross-border transactions in Tokyo since 2001.  Together with like-minded individuals, she was instrumental in launching Women in Law Japan in February 2016, with the aim to provide an active forum where women working in legal functions as lawyers or in-house counsel can come together (regardless of their country of qualification).

ホーガン・ロヴェルズ法律事務所外国法共同事業、パートナー(コーポレートM&A)、英国法弁護士、外国法事務弁護士(東京第二弁護士会)、Women in Law Japanプレジデント

別府理佳子はコーポレート・M&Aロイヤーとして20年以上の経験を有し、英国ロンドンにてキャリアをスタートし、2001年より東京を拠点に一貫してクロス・ボーダー案件に携わって参りました。共通の意思を持つ方々と共に本年2月にWomen in Law Japanを立ち上げ、法律業務に従事する弁護士やインハウス・カウンセルの女性(資格国を問わず)が積極的に参加することのできるネットワークを目指しております。
 

About JILA's Study Group on Diversity and Study Group on GC / CLO

Japan In-House Lawyers Association (JILA) is a voluntary organization that was founded on August 1, 2001, by practicing and former in-house lawyers. While carrying out research on the current situation of in-house lawyers, the Association also conducts a variety of activities to promote familiarization with in-house lawyers, and thereby contribute to social justice and benefit of the society as a whole, as well as promote friendship between its members.

The main purpose of the Study Group on Diversity is to promote active participation of female and young in-house lawyers, expansion of the job types and work fields open to them, and D & I (Diversity & Inclusion). The study group holds a regular meeting every quarter, in principle, and also holds various seminars on an ad-hoc basis, inviting lecturers active in the economic and judicial circles to give lectures or organizing panel discussions with members and various other events. The study group has the important task of examining action plans necessary to promote diversity focusing mainly on in-house lawyers and publicly announcing or proposing them.

The Study Group on GC/CLO has the important task of examining and proposing to the JILA Board action plans it considers necessary to accelerate the coming of a new age when in-house lawyers in Japan will assume high director- and executive officer-level positions at Japanese listed companies and, with authority and responsibility similar to that of General Counsels and Chief Legal Officers in Europe and the United States, will play a key part in the corporate legal function.

JILAのダイバーシティー研究会及びGC / CLO研究会のご紹介

日本組織内弁護士協会(JILA)は、組織内弁護士およびその経験者によって平成13(2001)年8月1日に設立された任意団体です。組織内弁護士の現状について調査研究を行うと共に、組織内弁護士の普及促進のための様々な活動を行うことにより、社会正義の実現と社会全体の利益の増進に寄与すること、および会員相互の親睦を図ることを目的としています。

ダイバーシティ研究会は、主に女性・若手組織内弁護士の活躍推進、職種/職域の拡大推進およびD&I(ダイバーシティー&インクルージョン)の促進を目的としております。当研究会では、原則として四半期ごとに定例研究会を開催し、また臨時で各種セミナーも開催し、経済界・法曹界で活躍されている外部講師をお招きして講演していただいたり、当会会員によるパネルディスカッション等様々な企画をしていきます。主に組織内弁護士にフォーカスしてダイバーシティの促進に必要なアクションプランを検討し、これを外部に発信・提言していくことを、その主要な研究目的としております。

GC/CLO研究会は、日本の組織内弁護士が、わが国の上場会社等における取締役・執行役員レベルの高位の役職に就任し、欧米のGeneral CounselやChief Legal Officerと同様の権限と責任をもって、企業法務機能に関する主要的な役割を担う新たな時代の到来を加速させる上で必要と考えられるアクションプランを検討し、JILA理事会に対して提言を行う事を、その主要な研究目的としております。