Next Event: September 7 - Panel and Documentary Screening on Domestic Violence

We have teamed up with TELL, a NPO which celebrated its 40th anniversary in 2013, dedicated to providing counseling services to Japan's international community, to partner with them on their "Empowering Women: Shining a Light (films & conversations about women and health)" campaign.

We will host a documentary screening and panel discussion on domestic violence statistics, survivors and the legal framework surrounding this critical issue in the US and Japan and resources available to victims.

この度、2013年に40周年を迎えた日本の認定NPO法人の「東京英語いのちの電話」(日本における国際コミュニティーにカウンセリングを行っております)とタグを組み、「女性にパワーを: 光をあてよう(女性と健康に関する映画鑑賞及びディスカッション)キャンペーン」に賛同したイベントを企画致しました。

皆様と共にドメスティック・バイオレンス(DV) (家庭内暴力)、当事者の方々及びそれらを取り巻く法律環境につき考察する機会となればと思い、ドキュメンタリー映画を観たのち、アメリカ法と日本法のエキスパートによるパネル・ディスカッションを開催します。

 


RSVP / お申込み

Please email us at the below address noting the attendee(s) name(s) and email address(es).
 参加者名(英字)とメールアドレスを

下記アドレスまでお送り下さい。

Contact at contact@womeninlawjapan.org


The panel will consist of the following experts:

パネリストの方々は下記の通りです:

Amy Woo Lee

Amy was a senior attorney at Asian Americans Advancing Justice - Los Angeles (AAAJ-LA).  AAAJ-LA is America’s largest Asian American legal and civil rights organization and serves more than 15,000 individuals and organizations every year.  Specifically, Amy provided pro bono representation to low-income, immigrant, limited-English-proficient survivors of domestic violence in their immigration and family law matters.  She has worked with domestic violence survivors since 2001 and specifically in the legal field since 2005. Amy earned undergraduate degrees in Spanish and Psychology from UCLA and her law degree from Loyola Law School, Los Angeles.  She is fluent in both Mandarin Chinese and Spanish.

エイミー・ウー・リー

エイミーはシニア・アトーニーとして、米国ロス・アンジェルスにおけるアジア系アメリカ人の司法正義を前進する米国で最大の司法と人権団体であるAsian Americans Advancing Justice Los Angeles (AAAJ-LA)に勤務しておりました。 AAAJ-LAは年間に1万5千人もの個人と団体にサービスを提供しております。 エイミーは特に低所得層の移民で英語に堪能ではないDVサバイバーの方々への移民法と家族法のプロ・ボノ法律支援をして参りました。 2001年以降からDVサバイバーの支援をしており、法律支援は2005年からしております。 エイミーはカリフォルニア大学ロス・アンジェルス校(UCLA)にてスペイン語と心理学の学位を取得し、ロヨラ・ロースクールにて法律の学位を授与されました。 エイミーは北京語とスペイン語にも堪能です。

 

Nobuko Otsuki

Nobuko is a Japanese law attorney, Consultant at the Shinjuku Family Matters Consultation Center and Deputy Committee Chair of the Dai-ichi Tokyo Bar Association Criminal Defense Committee.

Nobuko started her career as a Japanese law attorney at Kobayashi Sogo Law Office which specializes in corporate fraud investigations and corporate insolvency and restructuring transactions.  She also worked at Japan's foremost law firm, Nagashima, Ohno & Tsunematsu, and was a member of the risk management practice team.  During this time, Nobuko continued to work passionately on matters concerning individuals and family law matters.  She is currently the representative lawyer of Kudanzakaue Law Office where she mainly handles family law and criminal law cases for families and individuals, and has been instrumental in resolving many domestic violence and divorce-related cases.

 

大槻展子

日本法弁護士・新宿家庭問題相談センター相談員、第一東京弁護士会刑事弁護委員会副委員長。

企業の不正調査や法人の倒産・再生を専門とする小林総合法律事務所において弁護士としてのキャリアを開始し、国内有数の事務所の1つである長島大野常松法律事務所に移籍した後は危機管理チームに所属していたが、キャリア開始時から、一貫して個人や家庭の問題にも熱心に取り組んできた。

現在は、九段坂上法律事務所代表弁護士として、家事・刑事等の、家庭や個人の問題を主に取り扱っており、多数のDV・離婚事件を解決に導いてきた。

 

Vickie Skorji

Prior to moving to Tokyo, Vickie she managed an Acquired Brain Injury Support Service in Australia, supporting families and individuals with a variety of neurological conditions such as dementia, Parkinson's disease, Multiple Sclerosis, stroke and migraine.  She has been involved with TELL since 2004 in a variety of positions from a volunteer on the Lifeline, to Training coordinator, a face to face counselor, and currently is the Director of the Lifeline.  During her time at TELL she has developed the TELL school awareness program, suicide prevention programs, psychological first aid programs, TELL's online training platform and TELL me about Tokyo Directory.  Her interests lie in brain anatomy, suicide prevention, cultural awareness, stress management and gender differences, mental health stigma, domestic violence & rape issues in Japan, along with bully prevention programs in schools.  Vickie Skorji has a Bachelor of Behavioral Sciences with honors from La Trobe University and a Masters in Counseling from Monash University in Australia. 

 

ヴィッキー・スコージ

ヴィッキーは東京に来る以前はオーストラリアにおいて後天的脳損傷患者のサービスに携わり、様々な神経系の病態である認知症、多発性硬化症、脳卒中、偏頭痛の方々とその家族をサポートして参りました。  2004年よりTELLに関わっており、命の電話のカウンセラー、研修コーディネーターや個人のカウンセリングを行なって参り、現在はライフライン・ディレクターをしております。TELLにおいては学校におけるTELLの周知活動、自殺防止や心理病の救急手当プログラム、オンラインのトレーニング・プログラムや東京知恵袋を構築しました。 ヴィッキーの関心は脳構造、自殺防止、異文化に対する認知度、ストレス・マネージメント、精神病への偏見、DVやレイプ事件にあり、さらには学校におけるいじめ防止プログラムにも深い関心を持っております。 ヴィッキーはオーストラリアのラ・トローブ大学より行動心理学の学位とモナッシュ大学よりカウンセリングの修士号を授与されております。

 

About the BBC documentary film "LOVE YOU TO DEATH" A Year of Domestic Violence (60 minutes)

In 2013, 86 women in Britain were killed by a husband, a boyfriend or a male ex-partner.  Love You To Death:, a documentary by Vanessa Engle, tells the story of every one of them by giving voice to the traumatized families left behind.

Engle says: "There are so many assumptions about domestic violence, but the striking thing was that the women were from all over the country and had died in such widely differing circumstances.  They were from very different cultural backgrounds. Some were teenagers, others in their 80s. And the length of their relationships with the perpetrators varied from just a few weeks to over 40 years. Some were relationships with a history of violence, but – perhaps surprisingly - in many instances, the murder was the first act of violence ever to occur.

BBCドキュメンタリー映画「Love you to death 家庭内暴力の一年」(60分)について

2013年に英国内で86名もの女性が夫、ボーイフレンドや元男性パートナーにより殺害されました。 ヴァネサ・エンゲル監督がそれらの方々の残されたご家族に話を聞くことで人物像を浮き彫りにしていきます。

エンゲル監督は「家庭内暴力に関して、様々な前提が存在するのは確かです。 しかし、この映画で取り上げている状況で一番衝撃的なことは、女性たちが英国内の様々な地域にいたことや、それぞれに極めて異なる状況下にあったことです。 異なる文化背景で、年齢も10代から80代でした。 殺害者との人間関係の年数もバラバラで、数週間から40年以上と幅がありました。 暴力が長年続く状況もあれば、驚くことに多くの場合、殺害事態が初めての暴力行為であったことです。」

About TELL

TELL is a not-for-profit organization dedicated to providing world-class, effective support and counseling services to Japan’s international community as well as helping to address the country’s growing mental health care needs. 

TELL will be a leader in services and education, practicing state-of-the-art standards of care in the field of mental health.

http://telljp.com/

TELLについて

東京英語いのちの電話(TELL)は、国際化に伴って発生するこころの問題に対し、ハイレベルのカウンセリング・サポートの提供を目指すとともに、日本において高まっているメンタルヘルスケアへの必要性に応えていくことを目的として設立された非営利団体です。

メンタルヘルス(精神衛生)分野の先駆けとなり、最高のサービスを提供することを目指します。

http://telljp.com/

We thank TMI Associates for kindly offering to host Women in Law Japan for this event.

TMI総合法律事務所にはWILJへの会場提供をお引き受けくださり運営委員一同より心から感謝申し上げます。
 
Women in Law Japan Executive Committee
Women in Law Japan運営委員会一同