Alexis.jpg

Alexis Rosenberg ( ローゼンバーグアレクシス) 

Alexis Rosenberg is an associate in the corporate projects and corporate transactions team at Ashurst in Tokyo. She has a particular interest in renewable and new energy infrastructure projects and the digital economy. Alexis trained at Ashurst in Canberra, Australia and qualified as a solicitor in the Australian Capital Territory in 2014. In 2015 she came to Tokyo, Japan as a secondee to Anderson Mori Tomotsune, before returning to Ashurst to join the Tokyo office in 2016.

Coming from a non-traditional family herself, Alexis is passionate about diversity and inclusion. She also believes in being an active member of the community, wherever you are in the world. In Canberra, Alexis was a member of the Women Lawyers Association. Since coming to Tokyo, she has served as a board member of the Roppongi Bar Association, and now Executive Committee member of Women in Law Japan.

ローゼンバーグ・アレキシスはアシャースト東京オフィスのコーポレート・プロジェクトおよびコーポレート・トランザクションチームのアソシエイトです。特に再生可能エネルギー、新エネルギーインフラプロジェクトやデジタルエコノミーに関心を持っております。アシャーストのキャンベラオフィス(オーストラリア)で研修を受けた後、2014年にオーストラリア首都特別地域の弁護士として資格を得ました。2015年に来日し、アンダーソン・毛利・友常法律事務所に出向した後、2016年よりアシャーストの東京オフィスに在籍しております。

非伝統的な家族出身のアレキシスは、ダイバーシティに関して熱心に取り組んでおります。世界のどこに居ようとも、コミュニティの活動的なメンバーの一員でいたいと願っております。キャンベラにおいては、ウィメン・ロイヤーズ・アソシエーションのメンバーでした。東京では、六本木バー・アソシエーションのボードメンバーとして活動したことがあり、また、現在はウィメン・イン・ロー・ジャパンのエグゼクティブ・コミッティーのメンバーとして活動しています。